中川菊太《壊れたロマンス》(1931年頃)

楽譜の上に置かれたバイオリン。弦はかきむしられ、無残に折られたバイオリンの先端とそばに置かれたバラの花から、二人の間に何が起こったかを創造させます。 『紐育新報』の美術評から、この展覧会に出品されたのは1931年のサロンズ・オブ・アメリカに出品された静物画と同一作品だと考えられます。

臼井文平《国吉の居間から見た風景》(風景)(1932年) 

This painting is a view of the garden from the window ofKuniyoshi Yasuo’s house in Woodstock. Hanging on the wallis a portrait that appears to be the work of Kuniyoshi Yasuo.This painting was included in a 1934 exhibition at theSyracuse Art Museum.The Japanese-language newspaper wrote, “‘Indoor’ is quiteinteresting in how the table and walls are handled, but theshort distance through the glass window is a littleunsatisfying. The “Landscape” is a bit overdone, in myopinion. (Kiyoshi Shimizu, “Japanese Art Exhibition,” New York Shimpo, February 20, 1935) Both “Landscape” and “Indoor” are interesting, although theyresemble Kuniyoshi’s paintings. The works of amateur artistsare also mixed in at the Japanese Art Exhibition, which isinteresting […]

臼井文平《ウッドストックの国吉家》(室内)(1934年) 

ニューヨークの北西、キャッスキル山地の麓の芸術家村ウッドストックには、多くの芸術家が集まり創作活動をしました。ウッドストックの国吉康雄の家を描いたこの作品は、1934年のワナメーカーのレジオナル展で賞を受賞しました。

角南壮一《ヘイ・スタック》(1935年頃)

ます。 『紐育新報』では、「へー・スタック」には天地の悠久性を暗示するものがありますが、色調が単調に失したのは惜しい。」(清水清「邦人美術展(上)」『紐育新報』1935年2月20日)と批評があります。