ニュース&イベント

臼井文平《シエスタ》(1929年頃)(1930, Exhibition of the Society of Independent Art)

気持ちよさそうに昼寝をする女性の姿があります。昼下がりの一場面を切り取ったような作品です。 『紐育新報』では、 「美しい女が仮寝の図、軟柔な線とデリケートな色彩で器用過ぎるほど器用に描かれている。女が絵の中心から多少離れているので構図上の無理が感ぜられるが佳作である。ただ国吉氏の影響が意識的であると思れるほどなのはこの絵のために惜しい。」(石垣栄太郎「フロ派とブル派が美術の対立(下)」『紐育新報』1930年3月15日)と評価されました。